野菜の語り部研究所

野菜 くだもの お米 作り手と畑の「ストーリー」を伝えるしごと

今月のスケジュール

Recent Posts

Category

Archive

BLOG [2016年1月のアーカイブ]

満席御礼!野菜の語り部研究所アカデミー完結編、山梨の奇才ぶどう農家・高野美夫さんとのトークセッションin晩餐バール三鷹は盛会のうちに終了しました!ぶどうを作る農家のホンモノの言葉に、参加した方からの「初めて知った驚き」の声多数!

        1月24日、シリーズとして開催されてきた「一歩進んだ山梨もも・ぶどうアカデミー」の完結編。山梨の高野農園から飛び出していよいよ東京開催が実現しました。今年も完成した「ヤマ・ソービニオン […]

続きを読む »

秋田の農業の語り部は、故郷愛ありあまる敏腕プロデューサー!~トラクターに乗る男前農家集団「トラ男」と、朝からディープな花園街でつきないコメトーーーク!

    「あの3人は、地元でもまったくの他人だったんです。」 ハイボールをクッと口に当てたその男の口からは、意外な言葉が出た。   武田昌大さん30歳。地元秋田の若手農家集団「トラ男」のプロデューサー […]

続きを読む »

【野菜の語り部オンラインショップよりお知らせ】芦川の山ビーツ、完売御礼!ヤーコン、キクイモは引き続き販売中です

先日一般販売を解禁した、野菜の語り部研究所謹製の野菜たち、早くも売り切れがでました。 夏越しの山ビーツが今年度終了です。来期はさらに作付面積を増やして挑みますので、ご期待ください!ヤーコンとキクイモは引き続き販売中です。 […]

続きを読む »

ビオファームの畑から〜サラダ用としてのベストだいこん「紅甘味」。だいこんは用途別に使い分ける、これが旬の楽しみ

      前回の続きです。日本を代表する冬の旬野菜として、そして重量ベースでは国内流通量が最も多い「だいこん」のことをご紹介しようと思います。 前回ご紹介した「おでん味」。ありがたいことに […]

続きを読む »

ビオファームの畑から〜野菜とじっくり向き合う日々。ここ静岡で出会った青首だいこん「おでん味」の楽しみ方

だいこん受難の年である。11月の記録的な暖冬により、本来12月末のいちばん需要期に向けて作っていただいこんの成長スピードが著しく速くなり、12月の初めにはほぼ出揃ってしまっただけでなく、いわゆる市場で飽和状態となり、価格 […]

続きを読む »

ビオファームの畑より〜2016年冬の畑の風景と、野菜の語り部ひろもとディレクションの野菜たち。近日野菜セットとしてリリース予定!

静岡県富士宮市。ビオファームまつきの畑の活動をスタートして早4ヶ月。生産現場での野菜作りを中心に、流通・販売と入っています。 富士山麓とはいえ、暖かい気候。なんと積雪はほとんどないそうです。今まで東北での活動が多かったの […]

続きを読む »

山梨の面白ぶどう農家さんが、人生をかけて本気で取り組む「日本のビオワイン」未来夢ヤマソーヴイニオン2015。今月24日にお披露目を兼ねた生産者トークイベントを都内のワインバーで開催します!

    あなたはワインが好きでしょうか? 実際にワインを好んで購買して飲む、という習慣をお持ちの方は決して多くはないと思います。食嗜好がワイン向きだったり、もしくはワインのおいしい飲み方を知っている方 […]

続きを読む »

野菜の語り部がつくる野菜、一般販売やります。キクイモ、ヤーコン、ビーツ。標高1,000mの限界集落の休耕地を再生して拓いた畑から、ワイルドな野菜が採れたぜ!

昨年の8月のエントリーで紹介した、山梨県笛吹市芦川町の野菜の語り部研究所試験農場(詳しくはこちらをご覧ください)。                            壮絶な環境下で育った野菜たちの収穫が始まり、既に野 […]

続きを読む »

語り部ひろもとの月一定例の語り部キッチンライブステージ。東久留米のアニキこと篠宮仁さん率いる東久留米ファーマーズをまるごと語る実演販売。野菜が主役のステージづくりの現場はこうして作ってみた

昨年の6月の記事(6月は東京リターンズ!都内の青果販売現場で地元東京・多摩地区の都市農業を伝える「進化した実演販売~語り部ライブ」の告知です)でも紹介した、東久留米のアニキこと篠宮仁さん。6月から始まった、地元西東京市の […]

続きを読む »

このページのトップヘ