野菜の語り部研究所

野菜 くだもの お米 作り手と畑の「ストーリー」を伝えるしごと

今月のスケジュール

Recent Posts

Category

Archive

BLOG

福島県西会津町めごい菜農園のマルシェプロデュース、開成マルシェの今季を終えて

 

12月10日(土)郡山、オールふくしまの生産者と飲食店による、福島の食と農のエンターテイメントパーク「開成マルシェ」が、今シーズンはラストの開催となりました。マルシェ当日の郡山、気温は5℃を割り込み、小雪のちらつく中でしたが、蓋を開けてみればマルシェは盛況。気持ちよく締めくくることができました。

img_20161210_173405

received_680075098823452

 
「西会津のキラキラ☆野菜ガール」こと、めごい菜農園渡部佳菜さんのプロデュースをこの日もさせていただき、たくさんのお客様とのふれあいを楽しませていただきました。ひろもとは、野菜販売をしながらライブクッキングも担当し、「野菜のせいろ蒸し」と同時進行で「里芋のカシラのフライドポテト」「里芋のカシラの大学芋」を作りました。たくさんのお客様から、アツアツの里芋カシラフライドポテトが一番いいよと言ってもらえたのが嬉しかったです。
 
img_20161210_225620
 
received_680075662156729
fb_img_1481356763596
fb_img_1481356770378
 
 
佳菜子さんのプロデュースは、今シーズンが2シーズン目。
今年は猪苗代の磐梯スキーリゾートでのマルシェイベントに始まり、郡山市内の表参道(表参道マルシェ)と、柏屋開成店ウラのポケットガーデンでのマルシェ(開成マルシェ)の交互開催を行いました。
 
 
fb_img_1481356752555
 
ふとしたタイミングから、佳菜子さんのプロデュース話は始まりました。
冬に行われた、ふくしまの生産者が集まる大きなイベントで、佳菜子さんが持参した、5kg超級の巨大な雪の下キャベツに刃を入れたときに、手元から感じた「こいつはホンモノだ」という直感で決めたのでした。
 
今年は「誰もやらないことをやる」というテーマ。
買い物だけでなく、そこで食べてもらって、語らって、なんと記念写真も撮れる。そんな五感で楽しめるマルシェづくり。
 
当然追うのは「何をいくつ売るか」。
毎回の売上高と収益。農業経営者として、畑の指揮官として現場にいる時間が大事な彼女にとって、マルシェは想い出づくりに行く場所ではなく、時に誰も起きてないような夜中にメッセージを飛ばしながらの打ち合わせは、二度や三度どころではありませんでした。
 
佳菜子さんの夏の看板品目であるホワイトとうもろこし、そして秋冬の看板品目であるロマネスコカリフラワーにしても、悲劇的に不作の年で、勝負品目で勝負できないことの辛さを味わいました。しかしそれだけで終わらせないために、今ある野菜をどう楽しむか。それを体現するフードメニューに可能性を求め、実績は理想にこそ届かないものの、苦しい中でもいろいろな発見がありました。
 
ふくしまの生産者、震災後のマイナスからのスタートから始まり、関係者の血のにじむような努力が実り、今はかなりの追い風が吹いています。ただ、この風はいつまであるのでしょうか。ぼやぼやしていると、ただ風は通りすぎてしまいます。
ふくしまだから、ではありません。佳菜子さんの作るものがホンモノだから、それをもっとふさわしい場所に繋げなくては、それを考えると、現状では足りないところはまだ多いのです。
 
お客様に知ってほしいのは、農業経営者としての佳菜子さんの日常の姿。西会津の畑にお邪魔した時、畑の状態をみて確信したのは、現場を仕切る指揮官としてどれだけ畑に入っているのだろうかということ。そして経営者としての苦悩と、現場でしか感じ得ない、野菜に対するストレートな愛情。
 
メディアは一過性なものであって、またSNSはかなりの発信力をもって盛り上がりを見せるのですが、大多数がSNS上だけで完結しいまいます。長い展望を考えると、現状はシビアに捉えなければなりません。やはり作ったものを、しっかりと食べてもらう。繰り返し使っていただく。そのファンを地道にコツコツ増やすしていく。
開成マルシェは終わりましたが、引き続きサポートさせていただきます。
 
いよいよ雪のシーズンが到来する西会津町。
全国の飲食店の皆様、めごい菜農園をよろしくお願いします。
 
fb_img_1481417828404 received_680075438823418

コメントをどうぞ

が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。



内容に問題なければ、下記の「コメントを送る」ボタンを押してください。

このページのトップヘ